振袖で傘をさす女性

着物のクリーニング

振袖のクリーニング費用は?どれくらいの頻度で洗えば良い?

成人式や卒業式、披露宴など振袖は、未婚女性の第一礼装として様々なシチュエーションで来ていく事ができる着物です。
とはいえ、それほど頻繁に出番がある着物かというとそうではありませんよね。

たまにしか着ない振袖だからクリーニング費用や洗う頻度などが気になる人もいるでしょう。
着物の着用頻度や汚れ具合によって、クリーニングに出すかどうかの判断は変わってくるのです。

そこで、今回は振袖のクリーニングについて詳しく説明をしていきますので参考にしてください。

振袖はどれくらいの頻度でクリーニングすれば良い?

疑問に思う女性

それでは、まず振袖のクリーニング頻度について確認していきましょう。
振袖に限らず着物のクリーニングは、その着物との付き合い方によって異なってきます。

今回はその点についても説明してきますので参考にしてください。

1回の着用でクリーニング

振袖は冒頭でもお伝えした通り、様々なシチュエーションで着ることができますが、着る頻度はそれほど多くありませんよね。
ですから、クリーニングの頻度もそれに合わせて変える必要があります。

例えば、成人式や卒業式は一生に1回ずつしかありません。

その様な場合、次にいつ振袖を着るのは数年先という事も珍しくありませんので、着用毎にクリーニングに出しておくと安心です。

長期保管の前にクリーニング

目立った汚れがなくても長期保管の前にクリーニングすると良いでしょう。

着物には目に見えない汚れや汗などが染み込んでいる可能性があります。
虫やカビなどはそういった汚れを餌にして繁殖してしまう可能性があるので、一度着てから数年は着る予定がない場合はクリーニングに出しておきましょう。

長期保管の前には汗抜きやファンデーション落としなどのオプションを追加して、しっかりと汚れを落としてくとトラブルにあう可能性を下げる事ができます。
また、着ない着物でも定期的に虫干ししたり除湿剤を入れ替えたりして保管してきましょう。

振袖のクリーニングについて

着物を着て微笑む女性

それでは振袖のクリーニングについて、もう少し詳しく確認していきましょう。

振袖は一般のクリーニング店で洗う事ができますが、着物専用のクリーニング店に依頼するのがおすすめです。

その理由についても簡単にではありますが、説明していきますので参考にしてください。

着物専用のクリーニングが安心・便利

着物は絹などの繊細な素材で織られていますので、普通のクリーニング店に出すよりも、着物や和服専門のクリーニング店に出すと安心です。

着物専用のクリーニング店には、長年培ってきた知識や技術があります。
また、業者によっては着物の修復や保管などのサービスを行っている場合もありますので、便利に利用する事ができます。

大切にしてきた着物を安心して任せる事ができますので、振袖をクリーニングに出すのであればそういったお店がおすすめです。

クリーニングとシミ抜きは別料金

着物のクリーニングとシミ抜きは別料金になっている業者がほとんどです。

着物はファンデーションや口紅が付いてしまいやすい衣類です。
そういった汚れを落とすには「シミ抜き」や「ファンデーション落とし」などのオプションを追加で頼む必要があります。

また、汗などの汚れを落とす場合には「汗抜き」などのオプションもありますので、振袖の状態によって最適なオプションを選びましょう。

振袖のクリーニングができる業者

訪問着を売る時のポイント

ここまで振袖のクリーニングについて説明をしていきましたが、実際に依頼するならどのような業者に任せれば良いのでしょうか。

振袖は宅配クリーニングで洗うと便利

振袖を綺麗に洗うなら宅配クリーニングが便利です。

宅配クリーニングは洗いたい着物を指定住所に郵送するとクリーニングしてお繰り返してくれるサービスです。

クリーニングした振袖をそのまま保管してくれるサービスも付帯しているので、着物を次着るときまで綺麗に保管したい場合などにも便利です。

振袖の宅配クリーニングならアライバ

アライバ

振袖を宅配クリーニングであらうなら「アライバ」がおすすめです。
アライバは「3980円」で着物を洗う事ができるのでリーズナブルです。

創業55年の老舗クリーニング工場が振袖を洗ってくれるので、安心して依頼する事ができるでしょう。

また、年間20,000点以上の着物を洗ってるので確かな信頼と技術があります。

長期保管サービスも便利

アライバでは1年間1000円程度で着物の保管をしています。
振袖を最適な環境で長期保管してくれるので、次に着る時は気持ち良く袖を通す事ができるでしょう。

着物は繊細な衣類です、湿気や虫食いに弱いので自宅で保管するには定期的な虫干しが必要になりますが、アライバに預けておけばその様な手間は必要ありません。

まとめ

今回は振袖のクリーニングについて紹介をしていきました。
振袖は年に何回も着る着物ではないため、着用毎にクリーニングに出すと良いでしょう。

また、クリーニングに出すなら着物専用のクリーニング店に依頼すると安心して任せる事ができます。
着物は繊細な衣類ですので、確かな技術と実績のある業者を選ぶと良いでしょう。

大切な振袖をきれいに保管する為にも、定期的なクリーニングは必要です。
シミ抜きやファンデーション落としなどシミになる前に必要なオプションを選ぶ事も重要です。
最適なサービスを選んで、いつまでも美しい状態を保ちましょう。

-着物のクリーニング

Copyright© 着物買取比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.