着物で休憩している女性

着物の基礎知識

普段着として気軽に着れる着物はどんな物がある?

着物はフォーマルなシーンで着用売る衣装というイメージを持っている人も多いでしょう。
しかし、着物は普段着としてカジュアルにも着ていく事ができます。

そこで、今回は普段着としても着ていくことができる着物について紹介をしていきます。

着物を普段着として着るのであれば、手入れの簡単さや、着ることができるシチュエーションについても考えておく必要があります。
その点についても説明をできればと考えています。

また、普段着として着れる着物の選び方についても併せて紹介をしていきますので参考にしてください。

普段着として選ぶ着物のポイント

訪問着を売る時のポイント

それでは、普段着として着るならどの着物が良いのでしょうか。
着物の選び方について、いくつかポイントを解説していきます。

着物を日常的に着ていく為には検討して置きたい事ばかりです。
普段遣いする着物を選ぶ際には、これから紹介する事を念頭においておきましょう。

手入れが簡単

着物を普段着として着るのであれば、家で洗える着物がおすすめです。
洗濯表示を確認して家で洗えるかどうかを確認しておきましょう。

洗濯表示を確認する事が前提ですが生地の種類によってもある程度判別する事ができます。
「ポリエステル、木綿、麻」などの生地でできた着物は洗濯が可能な場合が多いため、表示と併せて素材の種類も確認しておきましょう。

着物の格や種類

着物は格や種類によって着ることができるシチュエーションが異なります。

フォーマルな場所にカジュアルな着物を着ていくのはふさわしくありませんし、逆にカジュアルな場面で格の高い着物を着ると浮いて見えてしまいます。

行き先に応じて最適な着物を選べるようになると、着物を楽しむ事ができるでしょう。

普段着として使いやすい着物

着物を着て微笑む女性

それでは、普段着として手軽に着れる着物にはどのような種類があるのでしょうか。
普段着として着ていくのであれば、格が高くなくカジュアルに着用できるものが良いでしょう。
いくつか候補を挙げていきますので参考にしてください。

小紋

普段着としてカジュアルに着ていくのだれば小紋がおすすめです。
「細かい模様が全体に入っている着物」でカジュアルなシーンできる事ができます。

小紋はおしゃれ着という位置づけで、フォーマルなシーンで着る事はできませんが、知り合いとの会食や軽めお茶会など幅広い場面で着る事ができます。

小紋には主に「江戸小紋、京小紋、加賀小紋」の3種類があります。
江戸小紋は準礼装としても着ることができるので、紋の有無や合わせる帯によってはフォーマルなシーンでも着る事ができます。

付下げ

付下げは訪問着とよく似た着物ですが、模様が少ないのが特徴です。

訪問着よりは略式ですが、小紋よりも格が高く「訪問着と小紋の中間程度の着物」と考えると良いでしょう。

絵柄が簡素で派手さがなく、普段着としてカジュアルに着ることができます。
また、フォーマルなシーンで着用したい場合は帯選びを工夫する事で着用できるようになりますので、幅広い場面で活用できるでしょう。

紬は「紬糸で織られた丈夫な着物」で普段着として古くから愛されてきました。
ちょっとした食事会や、パーティーなどに着ていく事ができ、カジュアルな場面で着ていく事ができます。

紬と言えば大島紬や結城紬、牛久紬などが有名で、地域ごとに様々な特色がありますので、好みで選ぶと良いでしょう。

着物を着て出かけられる場所

着物でカフェの前に座る女性

それでは、着物で出かけるならどのような場所が相応しいのでしょうか。
着物を着ていく事ができるシチュエーションをいくつか挙げてきます。

買い物

普段着として着物を着ているのであれば、気軽に買い物などで着ていくと良いでしょう。

最初は勇気が居るかもしれませんが、慣れれば着物を着て買い物に行くことに楽しさを感じる事でしょう。
なんとなく凛とした気持ちになり、背筋を伸ばして歩くのは洋服の時とは違う気持ちになります。

ランチ・カフェ

ランチやカフェなどの女子会で着物を着てあるまるのはどうでしょうか?
仲の良い友達と着物女子会するのはきっと楽しいことでしょう。

気の知れた友達同士であれば、気を使う事なく気軽に着物を着ることができます。
慣れていなくてもグループでの着物姿であれば恥ずかしいと感じる事もないでしょう。

着物好き女子の集まりとして、情報交換をしても面白いですよね。着物を着ていつもと違うランチやカフェを楽しみましょう!

映画鑑賞・美術館

着物を着て映画館や美術館などに足を運ぶのもおしゃれで良いですよね。
カジュアルに着れる着物だから、映画館や美術館に着ていくのも最適です。

映画や美術に触れる少しだけ特別な機会だから、少しだけ特別な衣装を着て楽しむのも乙な趣味といえるでしょう。

まとめ

今回は普段着としての着物について紹介をしていきました。
普段着として着るのに適した着物は「小紋、付下げ、紬」などでしょう。

着物は種類や格によって相応しい場面が異なります。
普段着として着るのであれば派手な柄のものは適していません。また格が高い物も最適とは言えないでしょう。

また、自宅で洗えるなどの手入れの簡単さも重要です。
これらの要素を検討して普段着として気軽に着物を選びましょう。

-着物の基礎知識

Copyright© 着物買取比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.