沢山の着物

着物買取について

いらない着物は買取できる?少しでも高く売るポイント

いらなくなった着物、着なくなった着物が家の中にありませんか?

最近は海外でも着物が人気になっており、いらなくなった着物でも意外な高値がつくことがあります。

いらなくなった着物は仕舞ったままにしておくと、徐々に傷んできますし、価値が下がってしまいます。

着物の価値がなくなってしまう前に、売るのか捨てるのか決めておくと良いでしょう。
また、少しでも高く売りたいと考えているのであればできるだけ早く売るのがおすすめです。

いらない着物の処分方法

捨てるor 残す

それでは、まずはいらなくなった着物の処分方法を確認していきましょう。
着物の処分方法は色々ありますが、できる限り損せずに着物を再利用できる方法を選びたいものですよね。

そこで、まずはどのような処分方法があるか把握しておいて、最適な方法を選択するようにしましょう。

着物を捨てる

まずは着物を捨てるという処分方法です。

ただ単に着物を捨てるのは、忍びない気持ちになりますしできるだけ避けたい選択肢ではあります。
しかし、価値のなくなってしまった古い着物は捨ててしまう他なくなってしまいますので、少しでも価値が残っているうちに早めに他の選択肢を選ぶようにしましょう。

ちなみに、着物の捨て方は簡単で、ゴミ袋に入れて一般ごみ同様に捨てる事ができます。
特別に費用がかかる事はありませんので、その点は安心ですね。

着物を寄付する

着物は捨ててしまう以外にも寄付する事ができます。

ただ単に捨ててしまうよりは気持ちが幾ばくか報われるので、捨ててしまうくらいなら寄付を検討してみましょう。

世の中には着物の寄付を受け付けている団体がいくつもあります。
NPO法人や市民団体など様々ですが、ホームページを確認しお問い合わせしてみましょう。

捨てるよりも手間はかかりますが、新しい持ち主の手元に届き着物が再利用されると考えれば悪い選択肢とは言えないでしょう。

着物をリメイクする

手先が器用な方や裁縫が好きな人は着物をリメイクしてみるのも良いでしょう。

着物をリメイクして新しい洋服を仕立てたり、小物やカバンを作るなどアイディア次第でいろいろなものが作れます。

着物をリメイクして洋服を作っている人は沢山いるので、ネットを調べて参考にしながら挑戦してみてはどうでしょうか。

着物を買取してもらう

着物を買取してもらう方法です。

いらなくなったとはいえ、もともと高いお金で買った着物です。
少しでも良いからお金が戻ってくればありがたいですよね。

最近はネットから簡単に申し込みをして出張買取してくれる業者も増えてきています。
着物の買取は非常に有効な選択肢の一つと言えるでしょう。

いらない着物を捨てるくらいなら売ってみよう

着物でポイントを紹介する女性

「流石にもう売れないだろう・・・。」なんて思っている着物でも業者によっては買取してもらえる可能性があります。

どうせ捨ててしまうくらいなら、着物の買取を試してみてはどうでしょうか。
それではどのような着物を買取してもらえるのでしょうか?

どんな着物を買取してくれる?

それでは買取できる着物は主にどのような着物なのでしょうか。
買取できる着物は業者によっては異なりますが、主に買取可能な着物は下記のような物です。

買取できる着物

  • 振り袖
  • 留袖
  • 訪問着
  • 男性着物
  • 和装小物
  • サイズが合わない着物

買取できない着物

それでは、逆に買取できない着物にはどのような物があるのでしょうか?
買取が難しい着物は主に下記のようになっています。

買取できない着物

  • シミや汚れがある着物
  • 化学繊維やウール、麻などの着物
  • 丈の短い着物

これらの着物は多くの買取業者で断られてしまう着物です。

また、買取してもらえたとしてもほとんど値段がつかない事が多いので、あまり期待しないほうが良いでしょう。

捨ててしまうよりマシくらいの気持ちで業者に頼んでみてはどうでしょうか?

いらない着物を高く売るためのポイント

査定をする男性

せっかく着物を売るなら少しでも高い金額で買取してもらいたいですよね?

そこで、着物を少しでも高く買取してもらうためのポイントをいくつか紹介していきますので参考にしてください。

古くなる前に売る

まず、最初のポイントとして「着物が古くなる前に売る」という事です。

着物の色や柄にも流行り廃りがありますので、着物を売るのであればできるだけ早いほうが良いでしょう。

特に振袖や下付けなど若い人が着る着物は影響を受けやすく、すぐに買取価格が下がってしまいますので早めに売る事をおすすめします。

着物の状態を保つ

続いて「着物の状態を保つ」という事です。

着物にシミや汚れがついた状態だと買取価格が下がっていまします。
着物は湿気や虫に弱いので除湿剤を使ったり、虫干しをする事で良い状態で保存する事できます。

しっかりと保管し着物のシミや汚れがつかないようにケアする事で、着物の価値の低下を防ぐ事ができます。

証紙などの付属品も保存しておく

着物を高く売るなら買ったときについてくる付属品は保存しておきましょう。

特に「証紙」は着物の価値を保証する証明書みたいな物です。売る前にはしっかりと探して見つけておきましょう。

証紙がなくても、着物の買取は可能ですが査定額の低下は免れませんので注意しましょう。

高値が付きやすい着物

最後に、どのような着物が高値で買取してもらえるのか確認しておきましょう。
着物の生地や種類などによっては高値で買取してもらえる事も珍しくありません。

高値が付きやすい着物

  • 正絹の着物
  • ブランド品や作家物の着物
  • 丈の長い着物

特にブランド品の着物や人間国宝が作った着物など高値で買取してもらえるので、捨ててしまわないように気をつけましょう。

まとめ

家の中に着なくなった着物やいらなくなった着物があるなら、いつまでも保管しておくよりも早めに売ることをおすすめします。

着物は基本的には古くなれば保存状態も悪くなっていきますし、価値も下がっていきますので早めの決断が大切です。

また、古いから値段がつかないと考えて処分してしまうくらいなら、ダメもとで査定に出してみても良いでしょう。

特に最近は海外で着物の需要がありますので、意外な高値で売れるかもしれません。
着物を高く売るには状態や証紙の有無などが重要になってきますので、できるだけポイントを抑え少しでも高く売りましょう。

-着物買取について

Copyright© 着物買取比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.