着物の基礎知識

着物の種類と格付け

着物には種類と格付けがあります。
礼装からカジュアルに着ることができる着物まで幅広くあります。

柄つけや織り方により格が決まり、格によって来ていくにふさわしい場所がきまります。
格付けを理解してTPOに合った着物を着ていきたいですね。

着物の格付け

着物には格付けと呼ばれる物があります。
成人式や結婚式などに着ていくにふさわしい格付けの着物を着ていく必要があります。

正礼装

正礼装とは特別な時や公的な儀式などに着る着物の事です。

正礼装は最も格式の高い着物に与えられた格付けで、結婚式ではお客様をお出迎えする立場にある人、つまり「新郎や新郎新婦の父親、媒酌人、両親と親しい親戚、主賓」などが着用する格付けの着物です。

正礼装には「打掛、黒留袖、本振袖、喪服」といった物があります。

準礼装(略礼装)

準礼装は正礼装を省略した形式の着物で、正礼装の次の格付けです。

初詣や入学式・卒業式や結婚式の披露宴などに着ていくことが出来ます。
準礼装には「色留袖、訪問着、振袖、色無地」などがあります。

外出着

外出着は礼装とは違い正式な場ではなく、もっとカジュアルに着れる着物の事をいいます。
「小紋、紬」などが外出着に該当します。

外出着は外出する際に気軽に着ることができ「ショッピング、映画館、散歩」など自由な目的で着ていく事ができます。
外出着は特別なことがなくても自由に着ていくことが出来る着物と考えてください。

着物の種類

留袖(ためそで)

留袖は既婚の女性が着る最も格付けの高い正礼装です。
留袖には黒留袖と色留袖の2種類があります。

黒留袖は結婚式や披露宴などで着用される事の多い着物です。

色留袖は黒留袖よりも華やかで若々しく見えます。
色留袖は実は未婚の女性でも着ることが出来る留袖です。
結婚式などで振袖を着ることに抵抗がある人が着ていくこともあります。

振袖(ふりそで)

振袖は未婚の女性が着る事ができる準礼装です。
最近では成人式などでよく着用されています。

振袖は若い人の着物と言うイメージが強いため、未婚であってもある程度の年齢になると着なくなり、変わりに色留袖を着るようになります。

振袖には大振袖、中振袖、小振袖の3つがありますが、成人式などでよく切られているのは中振袖です。
振袖は「絵羽模様」と呼ばれる模様が施された美しい着物です。

訪問着(ほうもんぎ)

訪問着は準礼装の1つです。
振袖や振袖とは違い、未婚・既婚関係なく着ることが出来ます。

訪問着は結婚式に招待された際や、入学式・卒業式、パーティー、お茶会などの席に着ていくことができます。

小紋(こもん)

小紋は普段着として着用する着物である為、正装としては使えません。
全体に小さな紋様が施されており様々な着こなしが楽しめるようになっています。

また、小紋には「江戸小紋」と呼ばれる着物があります。
江戸小紋は小紋に比べ格付けが高いため、お茶会や入学式などで着用する事が可能です。

一口に小紋と言っても色々ありますので注意をしましょう。

紬(つむぎ)

紬は小紋と同じく普段着として着用する事ができる着物で正装としては使えません。

色合いが渋く絹らしい光沢を持たない独自の風合いを持つおしゃれな着物です。
また、丈夫であることから普段着に的にしていて古くから普段着として活用されていました。

まとめ

せっかく良い着物を持っていても、TPOをわきまえずに着てしまうと台無しです。

それどころか、着ている人の常識を疑われてしまうことでしょう。
種類や格付けをしっかりと理解して、正しく着用する事で初めて着こなしているといえるのです。
昔ほど厳密ではありませんが、TPOを意識し場に応じた着物を着ていくことがマナーです。
もちろん、着物に合わせた履物や帯、小物を準備する必要もあります。

着物世界は奥が深いので少しずつ覚えていきましょう。

-着物の基礎知識

Copyright© 着物買取比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.