着物別の買取相場

着物買取について

着物の買取相場を知って高く売ろう!

着物を売るならどれくらいの金額で買取してもらう事ができるのでしょうか?

家の中に着なくなった着物が余っているという人もいるでしょう。
その中のいくつかを査定に出したら「買取価格が低くてガッカリした。・・・」なんてならないように持っている着物の買取相場を把握しておきましょう。

また、有名作家の作品や希少性の高い着物は思わぬ高値が着くこともあります。

「相場を知らずに安く買い取られてしまった・・・。」といった事にならないように相場を把握して、適切な価格で買取してもらいましょう。

着物に適正価格はある?

それでは、まず着物を売る前に気になる事を確認しておきましょう。

着物には適切な買取相場はあるのでしょうか?
また、選んだ業者によってどのように対応が異なるのでしょうか?

着物の買取相場を確認する前に知っておきましょう。

明確な買取相場は決まっていない

実は着物には「明確に買取相場が決まっているわけではありません。
業者によって買取価格は異なりますし、貴重な着物でも安く買取されてしまう可能性があります。

着物の査定は難しく「着物の種類やブランド・産地や作家、着物の素材や状態」などによって異なってきます。
ですから、明確にこの着物はこの価格という事はありませんし、査定する人の知識や経験などによっても変わってきますので一概には決める事ができないのです。

着物の買取相場

査定をする男性

それでは、続いて着物の買取相場を確認していきましょう。
着物は種類ごとに買取価格が異なりますので、種類別の主な相場を紹介していきます。

着物の種類別

浴衣

浴衣は花火や祭りなどのイベントで着ていく和服で、人気が高く毎年着ているという人も多いでしょう。
ポリエステルなどの化繊で作られた浴衣や、柄がプリントされている浴衣は残念ながら殆ど値段が付きません。

ブランド物の浴衣であれば数千円〜1万円程度で買取してもらう事も可能です。
浴衣を売る際は素材やブランドなどを確認して買取してもらいましょう。

関連記事
浴衣の女性三人組
浴衣は売れる?買取相場を確認しよう

夏に着る定番の着物といえば「浴衣」ですよね。 浴衣は毎年買い換えるという人も入るでしょうが、古くなった浴衣は買取してもら ...

振袖

振袖は華やかな着物で、成人式や卒業式など晴れやかなシーンで着る着物です。
主に若い女性の着る着物ですが使える機会が限られており「思い出に」と取っておいたけど、結局使わないという人も多いでしょう。

振袖は流行の変化が早いため、古くなると買取価格が下がってしまう傾向にあります。
その為、高く買取してもらいたい場合は早めの査定が重要です。

大体、買取相場としては3,000円〜50,000円程度になる事が多いでしょう。

関連記事
振袖は買取相場は?高額買取のポイントも紹介

振袖は成人式や結婚式の際に着る人は多いですが、それ以降着る機会が減ってタンスの中に眠らせている人も居るのではないでしょう ...

訪問着

訪問着は年齢問わず着ることができ、お茶会や同窓会など様々なシーンで着ていく事ができる着物です。
流行に影響されづらく、安定した需要があります。

大体、5,000円〜30,000円程度の買取価格になりますが、有名作家の訪問着であればであればさらなる高値も期待できますので、しっかりと査定してくれる業者に依頼しましょう。

関連記事
訪問着の女性
訪問着の買取相場と売る時のポイント

訪問着は改まった場所で着る正装で、結婚披露宴やパーティーなどで着ることもあり持っている人も多いのではないでしょうか? し ...

黒留袖

黒留袖は第一礼装として結婚式や披露宴などの格式の高い場で着用する事ができる着物です。
格式が高く気品のある着物ですが、着られるシチュエーションも限られており、使う機会が少ない為、売りたいと人も居るでしょう。

黒留袖は売るとなると1,000円〜50,000円程度ですが、有名産地や人間国宝の高級黒留袖となると買取価格は跳ね上がる為、適切な業者に見積もりを依頼しましょう。

関連記事
黒留袖の買取相場!どこなら高く売れる?

為袖には既婚女性が着る黒溜袖と未婚の女性が着る色溜袖の2種類があります。 第一礼装として使われることから結婚式などで来ら ...

小紋

小紋は小さな模様が入っているのが特徴で、食事会や買い物などにも着ていく事ができる着物です。

比較的カジュアルなシーンで着ることが多く、基本的には正装として使うことができませんが、気軽に着られるのが小紋の魅力と言えるでしょう。

買取相場はそれほど高くなく1,000円〜数千円程度で買取される事が多いでしょう。
作家物の江戸小紋であれば数万円ほど買取される場合もあります。

関連記事
小紋の着物
小紋の買取相場を紹介!特徴や高く売るためのポイントは?

小紋はパーティーや食事会といったイベントには気軽に着られる着物です。 正装よりもカジュアルな着物でもある事から、小紋の場 ...

色無地

色無地は白と黒以外の一緒に染まった着物の事で、そのシンプルなデザインから様々なシチュエーションで着ていく事が可能です。

色無地は入れる紋の数によって、フォーマルにもカジュアルにも着ていく事ができる万能な着物です。

色無地の買取相場は数千円〜1万円程ですが、有名作家の作品となると10万円以上の価格が付くこともあります。

着物の生地による買取相場の違い

着物は生地の素材によっても買取価格は変わってきます。
そこで、着物の生地により買取相場の違いを簡単に説明していきます。

正絹(しょうけん)

正絹(しょうけん)は100%絹で作られた生地の事を言います。
上品な光沢があり、なめらかな肌触りが特徴です。蚕が作った繭を丁寧にほどいて撚り合わせることで糸を作り、その糸で着物の生地を作ります。

手間がかかっている事と、希少性、上品な質感を持っている事から正絹で織られた着物は価値が高く、高額での買取が期待できます。

着物の種類にもよりますが、正絹で織られた着物は1万〜程度の価格で買取される事が多いでしょう。

麻は植物から作られる繊維の総称で、特定の植物を指しているわけではありません。
麻で作られた着物は通気性が高く、吸水性にも優れるので、夏の暑い時期に着用されます。

麻にもいろいろな種類があり、一概に買取価格を決められるものではありませんが、一般的な麻の着物だと高くても数千円程度です。

越後上布などの重要無形文化財に指定されているような布であれば、数万円ほどの価格で買取されることもあります。

木綿

木綿はワタの種子から取れる繊維で、吸水性や肌触りに優れた素材です。
木綿で織られた着物は裏地がない為、冬に着るには寒く夏に着るには暑い為、春や秋などに着用良いでしょう。

カジュアルに着られる為、気軽に着用して外出する事ができます。
また、汚れてしまった場合でも自宅で手入れができるので、初心者にもおすすめの着物です。

木綿の着物は買取相場が低く数百円〜数千円程度になるでしょう。一部の貴重な着物を除いてはそれほど高い買取価格は期待できないでしょう。

化繊やウール

化繊(化学繊維)やウールの着物は残念ながらほとんど値段が付きません。

化繊の着物は手入れも簡単で気軽に着る事ができるのが魅力です。
着物の保存時にありがちな虫食いやシミが付くと言ったリスクがない為、保管の際に気を使う必要はありません。

ウールの着物は真夏を除く幅広い季節で着用でき、冬の寒い時期でも着ていく事が可能です。

どちらも着物としての価値はあまり高くありませんが、化繊やウールそれぞれにメリットがありますので、特徴を理解し着物を楽しみましょう。

高額買取が期待できる着物の相場

MONEY

着物の種類別の買取相場に続いて、次は有名産地の着物や作家物の着物について紹介をしていきます。

それでは、これのら高級着物の買取相場はどれくらなのでしょうか?
簡単ではありますが紹介していきますので参考にしてください。

有名産地の着物

結城紬

結城紬は、日本三大紬の一つで(後に紹介する大島紬も)茨城県や栃木県で作られる着物です。
国の重要無形文化財にも指定されており、奈良時代から続く高級織物です。

紬は本来それほど買取価格の高くない着物(数千円程度)ですが、結城紬に限っては数千円から物によっては300,000円以上の買取価格が付くこともあります。

関連記事
布素材
結城紬の買取相場と高価買取のポイントについて

結城紬は茨城県を発祥の地とする高級着物です。 「昔は着ていたけどもう着なくなった結城紬」や「家族が着ていたけど必要なくな ...

大島紬

大島紬は鹿児島県の伝統工芸として人気のある着物で、その美しさだけでなく伝統の技法で作られる価値の高い着物です。

大島紬は海外からの人気も高く、買取相場は20,000円〜100,000円以上で買取されます。

一口に大島紬と言っても「機械織りや手織り、奄美大島で織られた物」など様々あり、当然買取価格も異なってきますので、違いのわかる業者に査定してもらうと良いでしょう。

関連記事
大島紬
大島紬の買取相場はどれくらい?高く売るコツも紹介

世界三大織物として知られる大島紬。海外からの人気も高く、買取に出すと高値が付くことでも有名です。 「大島紬を持っているけ ...

牛首紬

牛首紬は石川県で作られる着物で、無形文化財にも指定されています。
二匹の蚕が作る玉繭から織り上げる貴重な着物ですので、価値があり高値での買取が期待できます。

牛首紬の買取相場は20,000円以上である事が多く、物によっては100,000円以上での買取も可能です。

関連記事
紬の反物
牛首紬の買取相場が気になる人は要チェック!

牛首紬を高く買取して欲しいと考えているのであれば、まずは買取相場を確認しておきましょう。 買取相場を知っておく事で納得の ...

加賀友禅

加賀友禅は江戸時代から伝わる着物で、武士や豪商たちが晴れ着として着用していた高級着物です。

職人が丁寧に仕上げた手描きの友禅であれば10万円前後で、有名作家の物であれば更に価値が上がります。

着物の状態によって価値が変わり、傷や汚れがついている場合は10,000円程度。
状態が良いものであれば50,000円〜150,000円以上で買取してもらう事ができるでしょう。

関連記事
加賀友禅の着物
加賀友禅の買取相場を徹底検証!いくらで売れる?

加賀友禅は価値の高い着物です。 もし、着ていない加賀友禅が家の中に眠っているのであれば、傷んでしまう前に買取に出すことも ...

芭蕉布

芭蕉布はイトバショウから取れる繊維で織られた着物で、沖縄県や奄美群島の特産品として有名です。
肌にまとわりつかず涼しく着られるのが特徴で、蒸し暑い夏でも快適に着る事ができます。

芭蕉布は5,000円〜100,000円以上で買取される事が多いでしょう。

関連記事
機織り
芭蕉布の買取相場は?査定のポイントも紹介

芭蕉布を売りたいのであればどこで売るのが良いのでしょうか。また、芭蕉布はどれくらいの相場で買取してもらえるのでしょうか。 ...

琉球紅型

琉球紅型は沖縄発祥の織物で、琉球王朝時代から続く貴重な着物です。
琉球王朝では交易が盛んで、インドや中国などの交易品で使われる技法を取り入れる事で紅型が生み出されました。

当時は王族や士族たちが主に身につけていましたが、今では沖縄の特産品として受け継がれています。

琉球紅型の買取相場としては50,000円〜150,000円ほどで、種類や保存状態、証紙の有無などで価格が異なります

関連記事
琉球紅型
琉球紅型の買取相場!高く売るためのポイントも紹介

琉球紅型を少しでも高く買取してもらいたいなら、まずは相場を知っておくことが重要です。 手元にある琉球紅型がどれくらいの価 ...

久留米絣

久留米絣は福岡県で生まれた着物で、国の重要無形文化財にも選ばれています。
江戸時代の後期に作られた着物とされており、日本三大絣のひとつです。

久留米絣の買取相場は8,000円〜100,000円以上で、そんな中でも「本場久留米絣」は特に買取価格が高いため、持っている久留米絣がどういった物なのか証紙を確認して調べてみると良いでしょう。

関連記事
絣の着物
久留米絣の買取相場を把握して高額買取を実現させよう

久留米絣の高額買取を実現させるには買取相場を把握しておくことが大切です。 着物の買取相場を調べたところで目安にしかなりま ...

他にもある有名産地


江戸小紋、絞り、紅型、本塩沢、長井紬、伊那紬、天蚕紬、群上紬、大石紬、丹波布、出雲絣、綿さつま絣、八重山上布、宮古上布、能登上布、黄八丈、久米島紬、読谷山花織、首里織、琉球絣、越後上布、小千谷紬、えぞ織など

着物の有名産地はたくさんあり、今回買取相場を紹介できなかった産地もあります。
これらの産地の着物をお持ちの方は大切に保管し、着物を売る際には証紙なども一緒に査定に出す事で、高額買取してもらえる可能性が高まります。

有名作家の着物

由水十久

由水十久は加賀友禅の巨匠として知られる有名作家です。
童をモチーフにしたデザインが多いのが特徴で、独自のデザイン、製造方法を確立した人物でもあります。

由水十久は初代と二代目では買取価格が異なります。
特に貴重なのは初代の作品で、買取価格も高額になります。

買取相場としては50,000円〜250,000円ほどで、初代・二代目の違いや着物の種類、状態などによって価格が変わってきます。

関連記事
京都
由水十久の着物の買取相場は?

由水十久は加賀友禅の有名作家で人間国宝にもなっています。 友禅を代表する着物作家である由水十久の着物はデザイン性において ...

柿本市郎

柿本市郎は石川県金沢市で生まれ、人間国宝の木村雨山から指導を受けた経験を持つ有名作家です。

自然を表現した作品が多く、独特な技法で描かれた作品には美しさと立体感、艶やかさがあります。

柿本市郎の作品は美しく、デザインが豪華であるほど人気があります。
大体15,000円~100,000円程度で買取される事が多いでしょう。

関連記事
伏見稲荷大社の千本鳥居
柿本市郎の着物はどれくらいで売れる?

柿本市郎の作った着物は多くの人を魅了し、価値ある着物として高額での売買がされています。 そこで、今回は「柿本市郎とはどの ...

羽田登喜男

羽田登喜男は京友禅と加賀友禅を学び、独自の世界観を生み出した作家の一人です。
自然を題材とした作品が多く、特に鴛鴦をモチーフにした作品は高い人気を誇ります。

買取価格としては30,000円〜200,000円ほどで、保管状況や希少性などによって大きく価格が異なってきます。

関連記事
着物と茶道
羽田登喜男の着物の買取相場はどれくらい?

羽田登喜男は著名な着物作家で、人間国宝として日本国内だけでなく世界的にも評価されている人物です。 羽田登喜男の作った着物 ...

北出与三郎

北出与三郎は皇室献上作家として知られる京友禅の作家です。
100枚以上の着物を皇室に納めた実績があり、「北出カラー」と呼ばれる神秘的で美しい染色が特徴です。

北出与三郎の着物は10,000円〜100,000円ほどでの買取になるでしょう。
皇室御用達の着物ですから、質が高くファンも多いためできるだけキレイに保管して高く売りましょう。

関連記事
皇居
北出与三郎の着物はどれくらいで売れる?

北出与三郎は皇室献上作家として有名な染織作家です。 北出カラーで有名な北出与三郎ですが、その色彩や技法は親子二代で作った ...

他にも居る有名作家


久保田一竹、木村雨山、喜多川平朗、与那嶺貞、中村勝馬、北村武資、古賀フミ、宗廣力山、小宮康孝、玉那覇有公、上野為二、田島比呂子、青木滋芳、川島甚兵衛、伊達弥助、山田貢、平良敏子、志村ふくみ、森口華弘など

着物の有名作家は今回買取相場を紹介した方以外にもたくさん居ます。
人間国宝や独自の技法で第一人者になられた方など素晴らしい技術をもつ着物の作家は多いのです。

有名作家の作った着物には落款と呼ばれる、作家独自の目印が付いており価値を証明する事ができます。

落款の有無で着物の価値は大きく変わりますので、査定の際には落款の場所を確認しておきましょう。

着物の帯の買取相場

着物の帯

買取してもらえるのは着物だけではありません。

帯や和装小物なども買取してもらう事が可能ですので、着物とセットで査定してもらうと良いでしょう。

主な帯の買取相場

袋帯

袋帯は長さと幅のある帯で、訪問着や留袖などと合わせる事でフォーマルなシーンで使う事ができます。

豪華な模様の袋帯も多く、結婚式やお祝い事などで着用する事でめでたい席に華を添える事ができます。
また、袋帯は長さがある為、二重太鼓で結ぶことができます。
これは「喜びが重なって続くよう」にという願いが込められた結び方なのでお祝い事にぴったりの帯と言えるでしょう。

一般的な袋帯の買取相場は数百円〜数千円程度です。
ブランド品や有名作家の作品などであれば10万円以上で買取してもらう事も可能です。

名古屋帯

名古屋帯は袋帯を簡略化して着用できるように改良された帯で、カジュアルなシーンなどで気軽に使うことができます。
お茶会や習い事、普段着として着る着物(小紋、色無地、紬など)と合わせる事で様々な場所に着ていく事ができるでしょう。

簡略化された帯である事から、結婚式などの正装が求められる場所には着ていく事ができないので注意が必要です。

名古屋帯の買取相場は数千円程度で、あまり高額での買取は期待できないでしょう。

丸帯

丸帯は見た目は袋帯に似ていますが袋帯とは違い、裏表両面に豪華な柄が入っています。

袋帯よりもさらに格式が高く、第一礼装の帯として使用されますが、現在では白無垢や引き振袖などの一部着物と合わせる事でしか使用しなくなりました。

丸帯の買取相場は高い傾向が強く、数万円以上で買取してもらう事が可能です。

半幅帯

半幅帯は帯幅が細く、袋帯や名古屋帯と比べると半分程度しか幅が無いことから半幅帯と言われています。

着物の帯の中ではもっともカジュアルに着用できる帯で、様々な結び方ができます。
浴衣と合わせる事ができる他、小紋などと合わせてちょっとした外出に使用する事もできます。

半幅帯の買取相場は数百円〜数千円程度で、残念ながら期待できない事が多いでしょう。

関連記事
着物の帯
着物の帯の買取相場はいくら?

「着なくなった着物が家の中で眠っている・・・。」という人も多いでしょう。 実際、着物を着ていくイベントや場所は限られてお ...

着物を高く売るコツ

着物でポイントを紹介する女性

それでは高く売るコツについて紹介していきます。
少しでも高く売る為に必要なことですからしっかり準備しておきましょう。

証書も一緒に売る

まず、最初に着物を売るには買ったときの付属品は全部そろえておく必要があります。
特に証書は重要で、高価な着物にはだいたい証書がついています。証書の有無によって価格が変わる場合がありますので注意しておきましょう。

証書とはいわば「価値を証明する為の物」ですので、売る前には探しておきましょう。

着物の保存状態を保つ

着物を高く売るには当然、着物の状態も重要です。
価値ある着物でも、シミや汚れがついていると価値が下がり、二束三文での買取になってしまう事も珍しくありません。

着物をは湿気や虫食いに弱い衣類ですので、定期的な虫干しや除湿でいつまでも美しい状態を保つ事が大切です。

和装小物一式もまとめて売る

高く売るには「着物だけ」ではなく和装小物も一緒に売りましょう。
業者は一度の査定でできるだけたくさんの着物・和装を買取したいと考えています。

そこで、まとめて売ることで価格を上乗せしてくれる事があります。

着物の買取価格が下がってしまう原因

それでは、最後に着物の買取価格が下がってしまう主な原因について紹介していきます。
少しでも高く買取してもらいたい場合はこれらの事に気をつけておくと良いでしょう。

柄が古い・流行が過ぎた着物

着物の柄やデザインにも流行があり、ある程度の周期で変わっていきます。

流行の過ぎた着物は買取価格が安くなってしまうので、高く売りたいのであれば早めに査定に出すと良いでしょう。

流行の移り変わりはそれほど頻繁ではなく、10年程度の周期で変わっていきます。
焦る必要はありませんが、売るのであれば早めが良いという事だけ覚えておきましょう。

着物の価値を理解していない業者に売ってしまう

着物を高く売りたい場合は着物の査定に慣れている業者に売ると良いでしょう。

特にブランド着物や有名作家の作品などの貴重な着物は、価値を理解していない業者に売ってしまうと、本来の価値よりも大幅に安い金額で買われてしまう事もあります。

古着屋やリサイクルショップ等でも着物は売れますが、着物に詳しいとは言えず、他の古着と変わらない価格で買取されてしまう可能性があります。

ですから、売るのであれば着物の買取専門店などに依頼すると良いでしょう。

まとめ

高く売りたいなら買取相場を確認しましょう。

そうすることで、納得した価格で売ることができます。
また、有名作家の作品であったり、貴重な着物を間違って処分したり、二束三文で打ってしまうような最悪の事態を防げます。

そして、相場を確認したらプロが在籍している買取サイトに売ることをおすすめします。
少しでも高く売るには価値の分かる業者に買ってもらうのが良いでしょう。

-着物買取について

Copyright© 着物買取比較ナビ , 2021 All Rights Reserved.