床に並べられた着物

着物のクリーニング

着物を手入れして少しでも長持ちさせよう

着物は適切な手入れをする事で、きれいな状態を維持する事ができ長持ちさせる事ができます。
できれば着物のクリーニングに出したり、専用の桐ダンスに入れて保管したい所ですが、手間や金銭的な理由でそんなに毎回お金をかけられないという事もあるでしょう。

そこで、今回は自分でできる着物の手入れ方法を中心に紹介していきますので参考にしてください。

着たばかりの着物の手入れ

ハンガーに吊るされた着物

着物を着た後はホコリや汗などの湿気、シワなどができており、そのまま保管するとシミができたり、深いシワになってしまう事があります。

できるだけ早めに対処し、適切に手入れをする事で着物本来の美しさを保ち、次に着るときにも気持ちよく袖を通す事ができます。

着物の湿気を取る

着たばかりの着物は汗などの水分によって湿気を帯びています。
まずはこの湿気を取っていく事が重要です。

着物を脱いだらハンガーに掛けて風通しの良い日陰に干しましょう。
あまり長く干してしまうと型崩れの原因になるので、干す時間は数時間、長くても一晩程度にしておきましょう。

ハンガーに掛けて干す事で、湿気を取り除くのと同時に、軽度のシワなら取り除くことができます。

ホコリや汚れを取る

着物をハンガーに干して湿気を取ったら、表面に付いているホコリや汚れをブラッシングして取っていきましょう。
ブラシは着物用のブラシを使うと良いでしょう。(天然豚毛などのブラシ)

ブラッシングをする事で静電気を除去するのと同時に、静電気によって吸着しているホコリも一緒に取り除く事が可能です。

きちんと畳んでたとう紙に入れる

ブラッシングをしてホコリを取った後はきれいに畳んで保管しましょう。

着物は正しい方法で畳む事が重要です。
折り目を意識して畳んでいきます。着物ごとに畳み方が異なりますが、多くの着物は「本だたみ」で畳む事ができます。

着物を畳むと長方形になりますので、最後に「たとう紙」に入れます。
その際には除湿や防虫対策をしっかりとして、タンスに入れて保管してください。

着物についた皮脂汚れや油汚れを落とす

石鹸と泡

着物を長く着ていると「皮脂や油系の汚れが気になる」という事があります。

クリーニングに出すのはお金やがかかるし、そのまま放おってはおけないと言う時に使える方法を紹介していきます。

ベンジン・リグロインを使って汚れを落とす

ベンジンは薬局やネットで購入する事が可能です。
ベンジンを使うことで、油性の汚れを落とすことができますが取り扱いに注意が必要になる薬品ですので下記に気をつけて利用してください。

ベンジンの注意点

  • 換気をしっかりする
  • 揮発性が強いため火気厳禁(静電気も注意)

ベンジンを使う時は着物の下に汚れても良いタオルなどを敷いておきます。
ベンジンはガーゼにたっぷりと染み込ませて、汚れの上から叩いていきます。この時に汚れは下に敷いたタオルに移していくイメージで叩くと良いでしょう。

使った後のベンゼンはは密閉し、日陰に保管しておきましょう。ベンジンは発火性が強いので、火の気や静電気などが発生しやすい場所は避けて保管してください。

長期保管している着物の手入れ

タンス

ここまでは比較的、短期間での着物の保管・手入れについて紹介をしていきました。
続いて着物を長期間着なかった場合の手入れについて説明をしていきます。

虫干し

着物は湿気と虫に弱く、年に数回程度は虫干しをして対策する必要があります。
虫干しの目安は年に3回程度です。
時期は7月〜8月、9月下旬〜10月、1月〜2月ごろに行いましょう。

湿気を取り除く事が目的ですので、雨の日や曇などは避け、天気がよく湿度が低い日を選んで直射日光の当たらない風通しの良い場所に3〜4時間程度干しましょう。

防虫剤・除湿剤の入れ替え

防虫剤・除湿剤には使用できる期間が決まっています。

市販のものだと半年から1年程度の物がおおいです。虫干ししたタイミングなど防虫剤・除湿剤も入れ替えておくと良いでしょう。

中には繰り返し使える防虫剤・除湿剤もあります。
繰り返し使えるタイプは定期的に天日干しする事で効果が続きますので、着物の虫干しと一緒に干しておきましょう。

着物はクリーニングに出したほうが良い?

洋服のクリーニング

ここまで自分でできる着物の手入れ方法について紹介していきました。
自分でできる範囲で手入れするだけでも着物を長持ちさせる事が可能です。

それでは、自分で手入れをしていればクリーニングは必要ないのでしょうか?
最後にその点について説明をしていきます。

毎回がクリーニング安心

着物のクリーニング頻度は着物との付き合い方によって異なります。

普段から日常的に着物を着ている人が毎回クリーニングに出していてはお金がかかってしょうがないでしょう。
そういった人は1シーズンに1回程度、季節の変わり目でクリーニングに出すと良いでしょう。

とはいえ、多くの人は冠婚葬祭で年に1回着るか着ないかくらいの人が多いと思います。
その様な場合は、汚れがなくてもクリーニングに出しておくと安心です。

次に着物を着るのがいつになるかわからない場合、着物に付いたわずかな汚れや皮脂でカビや虫が繁殖してしまうとも限りません。

クリーニングに出して汚れをしっかりと取っておくと、そういったリスクを減らす事ができ安心です。

まとめ

今回は自分でできる着物の手入れ方法について紹介をしていきました。
ちょっとした手入れで着物をきれいに長持ちさせる事が可能です。

着物の大敵は湿気と虫です。着物を着た後はハンガーに吊るして湿気を取っておくことが重要です。
また、ブラッシングをする事で着物の表面についた汚れやホコリ、目に見えない小さな虫を除去したりできます。
また、たまにしか着ない着物はクリーニングに出す事で、シミや虫食いのリスクを下げる事ができ安心です。

自分にあった着物の付き合い方を見つけて、長く着物を楽しみましょう。

-着物のクリーニング

Copyright© 着物買取比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.