着物の女性

着物の基礎知識

着物のマナーと立ち振舞

洋服に慣れている現代の人たちは、着物での立ち振舞やマナーに慣れていない人が多いのではないでしょうか。

「着物はたまに着るけど不慣れで立ち振舞やマナー・所作などに自信が持てない」という人も中にはいるかも知れません。
着物の所作には慣れが必要ですが、慣れないうちは動作がぎこちなく不格好に見えてしまうものです。

そこで、本記事では着物のマナーや立ち振舞についてまとめて居ますので参考にしてください。

着物のマナー・基本動作

色留袖の女性

それでは、まずは着物の基本動作・マナーについて紹介をしていきます。

立ち姿や歩き方など、日常の動作一つとっても「洋服の時とは違う」という事を意識した立ち振舞をする事で、気が引き締まり着物を楽しむ事ができるでしょう。

立ち姿

着物の立ち姿だけでも相手に与える印象は違います。
正しい立ち姿を理解し少しでも好印象を与えられるように気を配りましょう。

着物の立ち姿はでは、まず背筋を伸ばし凛とした姿勢を保ちましょう。
その際に足は閉じておきます。
顎を少し引いてつま先は閉じて立つと良いでしょう。

また、鞄などを持っている場合は片手で持つとカジュアルな印象になってしまうので、指先を添えるようにし両手で持つと上品な印象になります。

歩く時

歩き方は立ち姿の状態から、まっすぐ1本の線の上を通るように歩きます。
手は振って歩くのではく、おへその辺りで指先を軽く組んで歩くと良いでしょう。

歩幅は小さく半歩程度で、いつもより遅く歩くと上品に見えます。
大きな歩幅で歩くと着物が着崩れしてしまいますので注意が必要です。

また、草履を履いている時は、かかとと草履が離れてしまうとパタパタと音(草履とかかとがぶつかって出る音)が出てしまいだらしなく見えます。

草履の時は重心を前に持っていって、つま先立ちで歩くようなイメージで歩きます。

椅子に座る時

椅子に座るときは、まず椅子の横に回りお尻から座ります。

そのまま座ると着物がタイトで座りづらい為、座る時には着物の太物の部分を軽く手で持ち上げ、余裕を持たせて座ります。
浅めに腰をかけ重心を少し前にし、かかとを付けて座ると良いでしょう。
h3:正座で座る時
正座で座る際には何も考えずに普通に座ると、上前が開いてしまい印象がよくありません。

正座で座るときは、上前が開けないように左手で太ももあたりを軽く抑え、ゆっくりと腰を落としていきます。
徐々に腰を落としていき、最後に右手で裾の生地を膝下に入れるときれいに座る事ができます。

こちらの動画を参考にするとわかりやすいでしょう。

階段を上る時・降りる時

着物での階段の上り下りの際には裾を踏んで転んでしまわないように注意しましょう。

人の多い場所では、周りの人に裾を踏まれてしまう場合もあります。
その様な場所への移動は、可能であれば避け、難しいようなら注意しながら階段を上り下りしましょう。

着物を着ての階段の上り下りは裾を右手で軽く持ち上げ、つま先に重心をかけ昇っていきます。
振袖の場合は袖が長い為、両袖をたたみ左腕にかけて登ります。

振袖での階段の登り方はこちらの動画が参考になります。

訪問先でのマナー

和室で着物を着た女性

ここまで、着物での基本動作・マナーについて紹介をしていきました。
続いては訪問先でのマナーや立ち振舞について、説明をしていきますので参考にしてください。

玄関での挨拶

玄関先での挨拶は、まず玄関に入る前に着物の上着は脱いでおきましょう。
身だしなみをチェックしたらチャイムを鳴らし、案内されたら玄関に入りましょう。

玄関に入ったら手荷物を上がり框(かまち)の隅におかせてもらいます。框とは玄関で靴を脱いで上がる段差の事を言います。

荷物を置かせてもらったら挨拶をします。おじぎの角度は相手よりも深く、丁寧にすると印象が良いでしょう。

履物を脱ぐ時

玄関での挨拶が終わったら、履物を脱いで玄関に上がらせてもらいます。

履物は両足を揃えて、左右バラバラにならないように脱ぎます。
履物を脱いだら一度玄関に上がり、着物の袖やたもとに注意しながらしゃがみ、脱ぎ終わった履物を揃え向きを変えます。

玄関先では相手にお尻を向けないように注意して振る舞います。

和室での挨拶

挨拶も済み、履物も脱いだら次は和室での挨拶になります。
客間まで案内されると思いますので、案内されるまま付いていきましょう。

客間に通されたら下座で待ちましょう。座布団には勧められてから座るようにします。
畳のへりを足で踏むのは失礼にあたりますので注意して立ち振舞しましょう。

まとめ

せっかく着付けをして綺麗に着物を着こなしていてもマナーや所作ができていないと相手に悪印象を与えてしまう可能性があります。

気の知れた仲であれば良いでしょうが、それほど知らない相手やマナーに詳しい人と接する際などに恥をかかないように最低限の立ち振舞を覚えておくと役に立つでしょう。

着物は私達が普段着ている洋服とは異なる衣類です。

慣れない部分もありますが日本伝統の大切な文化ですので、是非この機会にマナーについて知識を深めてみてはどうでしょうか?

-着物の基礎知識

Copyright© 着物買取比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.