着物の男女

着物買取について

男性着物は買取できる?業者選びのポイントも説明

着物姿の男性は女性の着物姿と比べると目にする機会が少なく、着ている人を見かけると珍しいと感じますよね。
実際、お正月・成人式などのイベントですら着物を着ている男性は減っている印象あります。

着物は日本伝統の衣類で、カッチリとした印象がオシャレで、綺麗に着こなしている男性を見かけるとカッコいいと感じる人も多いでしょう。

そんな男性着物ですが「着なくなった男性着物があるんだけど買い取ってほしい」という人も中には居るでしょう。

そこで、今回は男性用着物について説明や紹介、買取はできるのか?という事について紹介をしていきますので参考にしてください。

男性用着物の種類

紋付き羽織袴の男性

男性用の着物と言っても、着用する着物や羽織、袴などによって格が違います。
当然、着用する場面も異なりますので、組み合わせや格などを意識して着物を着ていくと良いでしょう。

それでは、主な男性用着物について説明をしていきます。

紋付き羽織袴(もんつきはかまおり)

紋付き羽織袴は男性着物の中で正装・準礼装に位置する基本的な着物です。

最も格の高い正式な装いは「黒い羽二重の無地、五つ紋付きの羽織、仙台平の袴」のセットです。
この装いでは結婚式や成人式、葬儀や告別式まで様々なシチュエーションで幅広く着用する事が可能です。

羽織と長着(はおりとながき)

男性がおしゃれ着として着物を着るのであれば、紬やお召などの織りの着物が主になります。
食事会や会合など比較的気軽に参加できるイベントやパーティー、お散歩や買い物などの日常生活でも着る事ができます。

パーティーなどでは長着ではなく、袴に履き替えると改まった印象を与える事もできるので、状況によって使い分ける事もできます。

また、羽織は季節によって着分ける為、状況や季節などにより装いを使い分け男性着物を楽しみましょう。

男性用の着物は買い取ってもらえる?

疑問に思う女性

ここまで、男性着物の種類や装いについて紹介をしていきました。

着物を楽しんで着ることは非常に重要です。しかし、沢山着物があると中には着なくなった着物も何着かはあるでしょう。
着なくなった着物をいつまでも保管しておくのは大変ですし、保管スペースを圧迫してしまいますよね。

そこで、男性用の着物を買取してもらえるかどうかを調べましたので紹介していきます。

男性着物は買取してもらえる

結論から言えば、着なくなった男性用の着物は「買取可能」です。

相場に関しては、状態や着物の価値などによってかなり変動があるため一概にどの程度の値段が付くとは言えないところです。

しかしながら、価値のある着物かどうか確かめるという意味もかねて買取査定を依頼してみるのもよいでしょう。
ですが、せっかく買取をしてもらうなら高く買取をしてもらいたいですよね?

業者によって査定額に大きな差が出る可能性もあるので男性の着物の買取を依頼するのにオススメな業者の特徴について解説します。

男性用着物を売る業者選びのポイント

着物の査定

一定の需要がある男性用着物ですが、やはり割合としては女性用の着物よりも数も少なく買う人もそこまで多くないのも事実。

悪い業者に査定を依頼してしまうと、アレコレと難癖をつけて買い叩かれてしまうかもしれません。

本当は価値のある男性用着物であったにも関わらず、適切な査定額にならず泣き寝入りになるなんてことは避けていただきたいところです。

なのでぜひこれから紹介する、選ぶべき業者の特徴を参考にしてください。

専門の鑑定士がいるか

着物の買取は、専門の鑑定士に依頼することをオススメします。

リサイクルショップなどで、着物買取してくれることもあります。
しかし、リサイクルショップは洋服やブランド品などの買取を中心に行っている為、着物に詳しくない可能性があるでしょう。

着物の鑑定や買取に関しては呉服店や着物買取専門店などを利用するのが最適です。

作家物や有名産地の着物を見極めるには知識や経験が必要です。その知識がない業者に売ってしまうと安く買取されてしまう可能性が高いので注意が必要です。

クーリングオフ制度があるか

着物の買取業者の中には、取引成立後のキャンセルに対応していない業者があります。

そういった業者に売ってしまうと、安価な買取金額になってしまったと後から気が付いても、着物を取り返すことはできなくなってしまいます。

優良な着物買取の専門業者の場合7日間のクーリングオフ制度を設けています。
買取金額を見て、買取が成約した後に自分の売った着物の買取相場を調べて「安く買い叩かれた!」 と気が付いた場合には、買取をキャンセルできるので安心です。

着物を売るならクーリングオフに対応している業者に売りましょう。

男性着物を売る際に確認しておく事

人差し指を上げる男性

男性用着物を売る際には、いくつかポイントがありますので確認しておきましょう。

着物の種類を確認

まずは着物の種類を確認しましょう。買取価格は作家物や産地などで大きく変わります。

特に鹿児島の南方にある奄美群島で作られる伝統できな着物である大島紬(おおしまつむぎ)。
茨城・栃木などで作られる結城紬(ゆうきつむぎ)などは高く買い取られる傾向にあります。

有名な作家物であったり、柄が珍しいものでだと高額査定につながることもあります。
自分では調べることが難しいので、専門の鑑定士に一度見てもらったほうがよいでしょう。

着物の状態と付属品を確認

状態が良いものや証紙・落款(らっかん)などの付属品がついていると高額買取されるようです。

ポイント

証紙:素材や原産地を表すタグ。反物の状態の袖に縫い付けられている
落款:作家の名前を表す。自筆で署名する場合と判子を押す場合がある

それ以外にも、柄・年代・作家・状態などによって値段に変動があるので実際に査定に出してみないことにはわからないこともあります。
着物専門の鑑定士が居て、査定後のキャンセルが無料の業者に査定をお願するとよいでしょう。

まとめ

今回は男性着物の種類や特徴、買取について紹介をしていきました。
男性用の着物が高いか安いかを一概にどちらか断言するのは難しいものです。

とはいえ、あなたがお持ちの男性用着物が高価なものである可能性もあります。注意したいのは知識のない業者に査定を任せない事です。

実際、価値のある男性着物も存在しますが、素人判断では難しいです。

売ろうと考えている大切な着物を売ろうと考えているなら、専門の鑑定士がいる買取業者に一度査定に出してみたほうが得策でしょう。

-着物買取について

Copyright© 着物買取比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.