喪服で並ぶ男女

着物の買取相場

喪服の買取相場は?売ることができる?

大切な人を亡くした時に着ていくのが喪服ですが「着る機会がない」「古くなったから買い替えたい」という人も多いのではないでしょうか。

そんな時に喪服は買取できるの?と疑問に抱く人もいるでしょう。
そこで、今回は喪服の買取事情について紹介をしていきますので参考にしてください。

また喪服にもいろいろな種類があります。
種類ごとに着ることができるシチュエーションが異なったりしていますので、その点についても説明をしていきます。

喪服の種類

喪服一式

それでは、まず喪服の種類について確認していきましょう。
喪服は着物や帯の組み合わせで格式が変わります。

喪主や参列者などの立場の違いや、通夜、葬儀といったシチュエーションの違いによって最適な組み合わせが変わってきますので気をつけましょう。

黒喪服

黒喪服は第一礼装で帯には黒共帯を締めます。

葬儀や告別式の喪主、家族、参列者が着用する喪服で、一般的に喪服というと黒喪服を指す事が多いでしょう。

喪服の格は着物の色だけでなく、帯との組み合わせでも変わりますので状況に併せて色共帯を締める事もあります。

色喪服

色喪服は略礼装で、喪に相応しい江戸小紋や色無地の着物を着用します。
通夜や法事、故人を偲ぶ会などに着ていく事ができる装いです。

茶、灰、臙脂、藍などの地味な色の着物を色喪服として着用しましょう。生地は光沢のないものを選ぶと良いでしょう。

喪服の格式

喪服には格式があり、故人との関係やシチェーションなどによって着ることができる喪服の種類が変わります。
事前に確認して間違いのないようにしておきましょう。

正喪服

正喪服は葬儀や告別式、法事(一周忌まで)などで喪主や親族など故人と関係性の深い親族が着用する喪服です。
正喪服は喪服の中でもっとも格式の高い装いです。

五つ紋の黒喪服と黒共帯の組み合わせが正喪服に該当します。

準喪服

準喪服はお通夜や葬儀、告別式などで一般参列者などが着用する事ができる喪服です。
喪主や親族より格が低い喪服を着るのがマナーですので、参列者として参加するのであれば準喪服を着ていくのが良いでしょう。

三つ紋か一つ紋の色喪服、黒喪服と色共帯の組み合わせなどが準喪服に該当します。

略喪服

略喪服は弔問(仮通夜)や三回忌以降の法事で参列者が着ることができる、簡易的な喪服(ダークスーツなどの地味めな服)です。
お通夜や葬儀などでは正式な喪服を着ていく必要がありますが、急な特報などでは略喪服などの簡易的な喪服で参列する事が可能となっています。

色喪服と色共帯などを組み合わせて着ていきましょう。

喪服の買取相場

着物の査定

ここまで、喪服の種類について説明をしていきました。それでは喪服は買取してもらう事ができるのでしょうか?
また、買取してもらう際の相場はどれくらいなのでしょうか?

一つずつ確認していきましょう。

喪服を買取している業者もある

結論から言えば、喪服の買取価格は安いものの買取する事ができます。
葬儀などで着る事ももあり、他人が着用した喪服を着る事に抵抗がある人も多く、需要がそれほどないのが実情で買取価格はそれほど高くありません。

種類 買取相場
喪服 500円〜2000円程度

需要が少ないため、残念ながら喪服の買取価格は安いです。
喪服を売る場合、数百円から良くて数千円程度だと考えておきましょう。

また買取金額は喪服の状態などにより変動しますので、紹介した買取価格は参考にする程度にしてください。

家紋が入っていても買取できる?

家紋入りの喪服を持っているという人も多いでしょう。
そこで、疑問なのが「家紋入りの着物は買取できる?」という事ですよね。

家紋は家柄を表す大切な紋章ですので、当然家ごとに異なります。
葬儀に参列する際には親戚一同が会するという場合もあり、自分だけ異なる家紋の喪服を着ていく事は違和感があるでしょう。

その為、家紋入りの着物は需要が低く残念ながら買取が難しくなる事がほとんどです。

喪服はどこに売ると良い?

笑顔で電話している女性

それでは喪服はどこに売ればよいのでしょうか?
近所に買取してくれる店舗があればよいのですが、そんなに都合よくお店があるとは限りません。

そこで、おすすめなのが宅配で着物の買取をしている業者です。

喪服を売るならバイセルがおすすめ

喪服を売るなら着物の買取をしているバイセルがおすすめです。
出張買取、宅配買取、店舗買取で着物を買取しています。

喪服の買取対応は難しい場合があるものの、無料で買取相談や査定を受け付けているので、喪服をどこに売ればよいか迷っているのであれば一度問い合わせて見てはどうでしょうか。

バイセルの口コミを紹介!

まとめ

今回は喪服の買取について紹介していきました。喪服には黒喪服と色喪服の二種類があります。
また、喪服には格式(正喪服、準喪服、略喪服)があり、格式によって着ていく事ができるシチュエーションが異なります。

喪服はお通夜や葬儀などデリケートな状況で着ていく服ですから、中古需要があまりなく、買取相場は安くなってしまいがちです。
着物の買取をしている業者に依頼する事で売ることができますので、喪服を売る際には相談してみると良いでしょう。

-着物の買取相場

Copyright© 着物買取比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.