桜

着物の基礎知識

入学式ではどんな着物着ていけば良い?

入学式はお子さんにとって大切な行事の一つです。
そんな晴れ舞台で着物を着てしっかりと飾りたいと思っているお母さんは多いことでしょう。

普段は着る機会の少ない着物ですが、入学式の時にはどのような着物を着ていけば良いでしょうか。

そこで、今回は入学式の際に着ていく着物について説明をしていきますので参考にしてください。

入学式に着ていく着物は?

疑問に思う女性

それでは早速入学式で着ていく事ができる着物について紹介をしていきます。

基本的に入学式ではあまり派手すぎない着物を着ていく事は控えましょう。
悪目立ちしてしまいあまり良い印象を持たれることはないでしょう。

それでは、どのような着物を着ていくと良いのでしょうか。

訪問着

入学式で着ていくなら訪問着が良いでしょう。派手すぎる柄は避けましょう。
入学式は春に行われる行事です。ピンクや若草色の季節感が感じられる上品な物を選びましょう。

絵柄についてはどの様な柄でも構いませんが、桜や梅などの春らしい柄、亀甲や松竹梅などのおめでたい柄などが良いでしょう。

色留袖

入学式で着ていくなら色留袖も選択肢の一つでしょう。
ただし、入学式で着ていくなら紋の入っていない物か、一つ紋の色留袖にしておきましょう。

色留袖は訪問着よりも格が高く、三つ紋以上だと格が高すぎて場にふさわしくないと考えられます
一つ紋までであれば略礼装としての扱いになりますので、色留袖を着るなら紋の数に気を配りましょう。

色無地

色無地は柄の入っていない着物の事で、黒以外で染められた和服です。
シンプルな落ち着いた雰囲気で、訪問着のように相応しい柄選びを考えなくても良いのがポイントです。

主役であるお子さんを引き立たせる事もできるので、入学式に着てくのに最適です。
紋が入っていると格が高くなってしまうので、一つ紋までの色無地を選ぶと良いでしょう。

入学式の着物に合わせる帯

袋帯

ここまで入学式に最適な着物をいくつかピックアップしていきました。
着物は合わせる着物によっても印象が大きくかわりますので、続いて帯の選び方についても紹介していきます。

袋帯

入学式の着物に合わせるなら袋帯が良いでしょう。
多彩な柄が特徴で、訪問着や色無地など様々な着物に合わせる事ができます。

軽く締めやすい帯ですので、コツを掴めば一人でも結ぶことができます。
柄や使用する糸によって格式が異なりますので、着物との組み合わせを検討する必要があります。

二重太鼓結びという、お祝いの場に相応しい結び方をすれば入学式により相応しい装いとして着用する事ができるでしょう。

名古屋帯

袋帯に比べてカジュアルなのが名古屋帯です。
帯の長さが短いので袋帯のように二重太鼓結びはできませんが、一重太鼓で簡単に着用する事ができます。

名古屋帯も使われている糸や技法によって格が変わってきますので、柄だけでなく糸や技法についても確認しましょう。

また人によっては「名古屋帯はなし」と考えている人も居るため、常識やマナーを気にするのであれば袋帯で二重太鼓結びにしておくのが無難かもしれません。

入学式に着ていく着物の注意点

着物をでバツを上げる女性

それでは最後に、入学式で着ていく着物の注意点についての紹介をしていきます。

基本は悪目立ちしないように「場にふさわしくない」と思われないよう気を配る事がポイントになります。

派手すぎる着物は控える

派手すぎる着物は「場にふさわしくない」と思われてしまうだけでなく、悪目立ちしてしまいますので注意しておきましょう。

入学式は子供たちが主役で、親が必要以上に目立つのは快く思われないでしょう。
子供の門出をお祝いしたい気持ちは大切ですが派手すぎてはよくありません。

一方で地味すぎるのもお祝いの場ではふさわしくないかも知れません。
バランスが難しいのですが、上品で季節感のある装いを心がけましょう。

着物だけでなく髪型にも注意

着物だけでなく、髪型などにも気を使いましょう。
着物に合うように長さに応じで髪型をアレンジしましょう。

また、髪飾りも「かんざし」を使うなど着物に合わせたアクセサリーを選びましょう。
あまり派手なものではなくパールなどをあしらったものにしておきましょう。

浮いてしまわないように注意

派手すぎたり、目立ちすぎる着物だと周りから浮いてしまいますので注意しましょう。

入学式の主役はお子さんですので、気合を入れすぎて派手すぎる着物を選んでしまわないように気をつけましょう。

淡い色合いのものや薄めの色であれば派手すぎず目立ちづらいのでおすすめです。

まとめ

今回は入学式で着ていく着物について紹介をしていきました。

入学式は子供が主役で親は脇役です。派手すぎても地味すぎても良くないので、バランスが難しいものの上品な着物を選ぶと良いでしょう。
「訪問着、色留袖、色無地」などの中から最適な着物を選びましょう。

また着物だけでなく、合わせる帯も重要です。袋帯や名古屋帯を選ぶと良いでしょう。
二重太鼓結びができる袋帯が最適ですが、着付けが難しい場合などは名古屋帯の方が簡単です。

せっかくのお子さんの晴れ舞台ですから気持ちよく祝ってあげたいものですね。

-着物の基礎知識

Copyright© 着物買取比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.