お葬式

着物の基礎知識

お葬式で着物を着る際に知っておきたい事

お葬式に参加する際には、どのような服を着ていくか迷う事はありませんか?

現在ではスーツでの参列が多いと思いますが、着物を着て参列する事はないのでしょうか。
また、喪服として着物を着るなら、どのような着物を着る必要があるのでしょうか。

急な訃報では、準備の時間が少なく戸惑ってしまう事もあるでしょう。
今回はお葬式の際に来ていく服装についての疑問を調べましたので参考にしてください。

葬儀で着物を着る必要はあるか?

喪服で並ぶ男女

現在は、お葬式では参列者はダークスーツを来て参列する事が主流になっており、着物を着ていく人は多くありません。

一方で「喪主側は着物ではないといけないの?」といった疑問もありますよね。
まずはその点について説明をしていきます。

着物は故人の近親者が着る

着物を着用しての葬儀は、基本的に故人の近親者となっています。具体的に言えば、故人の夫、妻や子供などの葬儀を開催する立場の人(喪主)が着る服装です。

喪主側は格式の高い第一礼装、参列者はそれよりも格の低い服装を来ていくのが基本的なマナーとなっています。
また、洋服よりも着物の方が格式が高いという風潮があるのも、近親者が着物を着るという状況に繋がっています。
(本来、洋服にも第一礼装がある為、親族が着物を着なくても問題はありません。)

第一礼装は黒紋付

喪主が着用するのは、染め抜きの五つ紋が入っている黒紋付が基本です。

本来は着物・洋服問わず第一礼装であれば、着用する事ができますが、着物の方がより正式な衣装という風潮があり、喪主という立場であれば黒紋付を着用する事が多いでしょう。

また、男性の場合は染め抜き五つ紋の紋付羽織袴が第一礼装ですので、この着物を着用しましょう。
女性に比べ着物を着るケースは少なく、洋装である黒のモーニングコートを着る事の方が多いでしょう。

第一礼装がない場合はレンタルも可能

喪主として葬儀を行う場合は第一礼装が必要と伝えましたが、持っていないと言う人も多いのではないでしょうか。

その様な場合は、レンタルする事も可能ですので「急な葬儀で時間がない」と言った場合などは利用しましょう。
喪服のレンタルは葬儀会社に問い合わせしたり、インターネットで調べたりする事ですぐに見つかると思います。

状況に合わせて検討してみましょう。

葬儀に参列する際の服装

お辞儀をしている女性

ここまで、喪主として葬儀を主催する側の服装について説明をしていきました。

それでは参列者として葬儀に参加する際にはどの様な服装をしていけばよいのでしょうか。
参列者は故人のご家族や親族に失礼のない服装での参加が求められますので確認しておきましょう。

参列者の服装

男性の場合はダークスーツに黒いネクタイを着用して行きましょう。
女性の場合は黒いフォーマルスーツか、ワンピースを着用します。肌の露出を控えるために黒いストッキングを履いておきましょう。

お葬式は悲しい会ですので、派手なアクセサリーや格好は控えるという事を念頭においておきましょう。

バックや小物

男性は「何も持たない」というのが基本となります。
バックが必要な場合は黒で光沢のない地味目のバックを選びましょう。

女性の場合も、男性同様、黒の地味目のバックを選ぶと良いでしょう。
ショルダーバックは控え、ハンドバックを持っていきましょう。

お葬式で気をつける事・マナー

人差し指を上げる男性

ここまでお葬式で着ていく服装を中心に説明をしていきました。

それでは続いてお葬式で気をつける事やマナーについて確認をしていきましょう。

お葬式は故人を送る重要なイベントです。
気をつけるポイントやマナーを確認して失礼の内容に注意して振る舞うことが大切になってきますので確認しておきましょう。

肌の露出は控える

喪主、参列者ともにお葬式に出る際に気をつけておきたいのは、肌の露出を控える格好をしていくという事です。
特に女性参列者はワンピースやスーツ姿という人も多いですが、ストッキングを忘れてしまわないように注意しましょう。

派手な化粧は避ける

服装だけでなく、髪型にも注意が必要です。
派手に見える髪型やアクセサリーは控え、薄めのメイクを意識しましょう。

ラメの入った化粧は望ましくありません。ナチュラルな薄化粧を意識して置くとよいでしょう。

アクセサリーは基本外す

お葬式では結婚指輪以外のアクセサリーは基本外します。
ピアスが付いているという人も、外して参加するというのが良いでしょう。

真珠のネックレスやアクセサリーであれば付ける事ができますが、1連の物(不幸が続かないように)をつけるのがマナーになっています。

また、長さなどにも気をつける必要がありますので着用する際には注意が必要です。

まとめ

今回はお葬式で着ていく着物についての説明。
それに関連する内容として、参列者としてお葬式に出席する際の服装やマナーなどについて説明をしていきました。

お葬式は悲しいイベントですので、あまり経験したくはありません。
しかし、亡くなった人を送る大切なイベントでもありますので、服装やマナーなどに気を使いたいですよね。

本記事を参考にして葬式の際の服装選びや、マナーのについて少しでも理解を深めて頂けましたら幸いです。

-着物の基礎知識

Copyright© 着物買取比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.