琉球紅型

着物の買取相場

琉球紅型の買取相場!高く売るためのポイントも紹介

琉球紅型を少しでも高く買取してもらいたいなら、まずは相場を知っておくことが重要です。
手元にある琉球紅型がどれくらいの価値があるのかを理解することで、安く買い叩かれてしまうのを防ぐことができます。

また、琉球紅型を売るならどこで売ればよいか、高く売るためのポイントも紹介していますので参考にしてください。

琉球紅型とは

沖縄の民家

琉球紅型(琉球びんがた)は、現在では沖縄県首里市を中心に作られている染織品の総称です。

その歴史は古く、14世紀から15世紀の琉球王朝時代に上流階級の婦人が礼装として着たのが始まりと言われています。
また、沖縄で生まれの伝統ある染物として、京友禅、加賀友禅、江戸小紋と並ぶほど、由緒があり有名な染物です。

沖縄着物(琉球織物)の代名詞

沖縄の着物は第二次世界大戦の際に、型紙や道具の多くを焼失し壊滅的な打撃を受けました。

しかし、その後の懸命な復興により紅型保存会の立ち上げ、国の「伝統的工芸品」の指定という過程を経て今では琉球紅型は「沖縄着物(琉球織物)の代名詞」と言われています。

そして、今なお稀有な伝統工芸として発展を続けていて、後継者育成事業も積極的に行われています。

琉球紅型の特徴

首里城

琉球紅型の「紅(びん)」の字は、沖縄地方では「色」を意味します。
色と型(型紙)を使った染色技法を用いているため「琉球紅型」と呼ばれています。

模様の特徴としては、南国ならではの鮮明な色彩、大胆な配色、そして素朴かつ緻密な図柄(沖縄の自然を映し出した図柄が中心的)が挙げられます。

原色を多分に使った色彩は、日差しに当たるとより美しく発色し、琉球紅型の着物は、他の国内の伝統的織物とは違った独特の味わいを醸し出します。

王族のみが着用できる高尚な色

紅型の代表的な色として知られている黄色は、琉球王朝時代は王族のみが着用できる高尚な色でした。
琉球紅型に黄色が多く使われたのは、皇帝の色を黄色と定めた中国からの影響と見られています。

また、古典紅型の柄には、鳳凰や龍、鶴など、中国や本土からの影響を受けたものもあり、沖縄独自の文様としては、草花などの植物柄だけでなく、デイゴ、海、魚なども取り入れられています。

琉球紅型の生まれた背景

琉球紅型が生まれた背景には、沖縄の特異な地理が関係しています。

当時の琉球王朝は、周囲を大国に囲まれた小さな王国で、東シナ海の中継地として、日本や中国、その他アジア諸国にまで貿易の範囲を広げていました。
王朝内の平和を保つために、近隣諸国を敵に回すのではなく、交易して友好関係を持つという施策を取ったのです。

この貿易を通じて、中国やインド、インドネシアなどの染色技法が入り、ここに琉球独自の技法を融合させる事でできた染物が、琉球紅型の原型と考えられています。
その豪華さと優美さを兼ね備えた芸術性から多くの人を魅了し、東洋の良質な布として中国や江戸幕府へ献上されていたという説もあるほどです。

琉球紅型の技法

琉球紅型の技法には、大きく分けて「型付け(型染め)」と「筒引き(筒描き)」の2種類があります。

型付け

型付けではその名の通り型紙を使いますが、型の上から直接色を挿すのではなく、型紙を当てた生地に防染糊と呼ばれる糊を塗り、型紙を外した後、模様部分に色を入れます。

更にその上に「隅取り」というぼかし染めを加えることで、立体感あるデザインになります。
特に両面染めの型付けでは熟練の技術が必要とされます。なお、型付け技法の色調には、鮮やかな色彩が特徴の「紅型」と、藍の濃淡や墨で染められた「藍型」が存在します。

筒引き

筒引きは、型紙を使用せずに下絵を描き、円錐状の糊袋の筒先から糊を絞り出しながら下絵の上から模様を施し、その後に彩色するものです。

この技法にも高度な技術が必要で、糊を均一に絞り出すために一気に線を引く必要があります。筒引きは、主に風呂敷や幕の模様付けに使用されます。

琉球紅型を高く売るには

査定をする男性

このように伝統工芸として脈々と受け継がれ、アンティーク(骨董品)としての価値も期待できる琉球紅型ですので、適正価格より安い金額での売却は避けたいものです。
続いては琉球紅型を高く売るためのポイントを紹介していきます。

琉球びんがた事業協同組合証を用意しておく

琉球紅型の着物には「琉球びんがた事業協同組合証」がセットになっています。

各証明書ごとに番号が振られ、製作者、品目、用布、染色の欄は全て手書きです。
この証明書がないと「本物の琉球紅型」を証明する物がありませんので、査定価格は必然的に下がってしまいます。

新品に近い状態で持ち込む

琉球紅型に限らず着物を高く売るには、可能な限り新品に近い状態で買取業者に持ち込むのもポイントです。

着物が趣味で知識が豊富にある人なら、着物をキレイに保つコツが分かりますが、そうでない人がシミや汚れを見つけた時は、呉服屋さん等の専門店で「部分洗い」や「しみ抜き」をお願いしましょう。
買取を依頼する前にお金を払うなんてもったいない、と思いがちですが、シミの有無で数万円の買取価格の差が出ることもあります。

知識不足のまま自分で無理に手入れをしようとすると、生地を傷つけて逆効果になる事もあるので気をつけましょう。

着物のサイズに注意する

もう一点重要なのが、買取してもらう着物のサイズです。
買取後に仕立て直しが可能なサイズは「身丈160センチ以上裄丈65センチ以上」ですので、査定に出す前に確認しておきましょう。

高く売れる琉球紅型の種類

沖縄の着物

琉球紅型は種類によっても買取価格が異なりますので確認しておきましょう。
高く買い取ってもらえる琉球紅型は、有名作家の作品が挙げられます。

紅型三宗家の着物

具体的にはまず、城間(しろま)家・知念家・沢岻(たくし)家の「紅型三宗家」が作った着物です。

中でも城間家の城間栄喜氏は、近現代の紅型の礎を築いた人物としても知られ、長男の城間栄順氏の作品と共に、貴重な琉球紅型として知られています。

他にも、初めて紅型作りで人間国宝に認定された、玉那覇有公(たまなはゆうこう)氏もその一人です。

振袖は高く売れる

琉球紅型は有名作家の作品だけでなく、振袖も高く売ることができます。
同じ着物でも訪問着か振袖かによって査定価格は全く異なるのです。

お祝い事などで振袖を着る人も多く、そもそもの需要が高いため、琉球紅型の振袖は高額買取が見込めます。
場合によっては、訪問着と振袖で数万円の差がつくこともあります。

琉球紅型の買取相場

電卓とお金

最後に、琉球紅型の着物の買取相場を見てみましょう。

琉球紅型を含む沖縄の着物は、日本の他の地域の着物と比べて買取相場が高い傾向にあります。
そもそも査定価格は「買取価格=実勢価格×仕入掛け率(市場の取引価格)」の式で計算され、価値の高い着物ほどこの「掛け率」が上がります。

着物の種類 買取相場
琉球紅型 5万円〜15万円程

琉球紅型全体の買取相場は、5万円から15万円程と言われています。
この差が出るのは、着物の種類、格、傷み具合など様々な要因に拠るものです。

保管状況等によっては査定額が下がる

保管状況等によっては1万円から3万円程の査定額になる場合もあります。
また、琉球紅型の着物には訪問着や振袖だけでなく、留袖、付け下げ、小紋、芭蕉布なども存在しますので、自宅にこういった着物が眠っていて使い道がない場合は売却を検討してみるのも良いでしょう。

有名作家の琉球紅型は高額買取が期待できる

有名作家の中では、城間家の城間栄順氏の作品の買取価格がトップで、訪問着一着でも約20万円とも言われています。

また、知念家の知念貞男氏の紅型小紋なども価値が認められていて、買取価格は約10万円もしくはそれ以上が見込めます。
このような高額査定が期待できる条件として、着物の良い品質が保たれている必要があります。

まとめ

琉球紅型は沖縄で作られている染織品で、沖縄唯一の染め物として有名です。
高く売るためには手元にある琉球紅型がどのような着物でどんな価値があるのかを理解しておく必要があります。

琉球紅型にも様々な種類があり買取相場が異なります。
着物の状態や「琉球びんがた事業協同組合証」の有無によっても買取価格が異なるので、できるだけ状態良く保存し、付属品などもきれいにきれいに取っておきましょう。

また、どの業者に売るかによっても買取価格が変わることがあるので、業者選びも大切です。
着物買取比較ナビではおすすめの着物買取業者を紹介していますので、着物を売る際には参考にして頂けましたら幸いです。

おすすめの着物買取6社を比較!

-着物の買取相場

Copyright© 着物買取比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.