茶道

着物の基礎知識

お茶会に相応しい着物は?どんな種類がある?

お茶会と着物は日本の大切な文化で、定期的に参加している人も居るでしょう。中には茶道を習っていて、慣れている人もいるかも知れません。
そういった人は、最適な着物選びができるでしょうが、今回や初心者向けの内容になっています。

お茶会に招かれてどのような着物を着ていけばよいか迷っている人の参考にして頂けましたらと思います。
また、本記事だけでは足りない知識や情報があれば周りの人にアドバイスを貰ったり、他のサイトなども参考にしながら情報を補完していきましょう。

それでは、お茶会に招かれた際の着物選びについて説明をしていきます。

お茶会で着ていきたい着物

茶を点てる着物の女性

お茶会で着ていく着物にはいくつか種類があります。一つずつ確認していきましょう。
お茶会で着れる着物は「色無地、訪問着、江戸小紋」など様々ですが、開催される茶会の規模や格によって最適な着物が異なります。

幅広い場面で着られる色無地がおすすめですが、それ以外の着物も着ていく可能です。
持っている着物の種類や開催される茶会の種類によって着物を選んできましょう。

色無地

色無地は茶会で最も着られる着物の一つでしょう。柄がなく派手さが無いため幅広い場面で使用する事ができるでしょう。
また、侘び寂びを重んじる茶道の精神性と合致している着物と言えるので、様々な茶会で着ていく事ができます。

もし、お茶会に呼ばれてどの着物を着ていくか迷っているのであれば色無地がおすすめです。お茶会用の最初の着物としては一つ紋の色無地が良いでしょう。

訪問着

続いてお茶会で着ていく着物として多いのは訪問着でしょう。
訪問着は絵羽模様が美しく華やかな雰囲気のある着物です。
「初釜・炉開き・口切り」などのおめでたい茶会や、少しフォーマルな茶会では訪問着の様な美しい着物を着る事もあります。

主催者に敬意を表す意味で参加者は主催者よりも格の高い着物を着ていかない事がマナーです。
訪問着を着ていく際には、主催者よりも格が上になってしまわないように注意する事も必要です。

江戸小紋

江戸小紋はカジュアルな茶会で着ていく事ができます。
例えば、大寄せ茶会は数十人〜数百人規模で行われる茶会です。

大寄せの茶会は茶道の心得がない人でも参加しやすく、比較的カジュアルな着物も着ることができるので小紋なども良く着られます。
小紋の柄や合わせる帯に寄って着られる場面が異なります。
自身がない場合は茶道の先生などに相談し、上手に合わせて活用していきましょう。

着物に合わせる帯

並べられた袋帯

先程までは茶会に着ていく着物の種類について説明をしていきました。
続いては茶会に着ていく着物に合わせる帯について説明をしていきます。

着物は合わせる帯によって格が変わりますので、着物選びと同じくらい帯選びも重要です。

色無地に合わせるなら袋帯

お茶会に着ていく色無地に帯を合わせるなら派手ではない袋帯がおすすめです。
色無地は紋を1付いれる事で略礼装となります。

色無地は帯を変えれば幅広い場面で着ていく事ができますので、合わせる帯に工夫していきましょう。

また、袋帯を簡略化した名古屋帯を合わせる事もあります。

季節に相応しい色合いを

着物を着て微笑む女性

四季折々で様々な季節がある日本ですので、季節に合わせた着物を着ていく事が大切です。
茶会で着ていく着物も季節ごとに変えていきましょう。

それでは、季節ごとにどの様な着物を着ていけば良いのでしょうか。
簡単に説明をしていきますので参考にしてください。

春には春らしい色柄

春に開催される茶会には春らしい色合いの着物を着ていくと良いでしょう。
明るくきれいな着物は春に着ていくにはぴったりです。

春の花が描かれた着物を着ていくのも良いですが、開花の時期とずれてしまうと季節感が感じられない為、着るタイミングには注意しましょう。

また少し肌寒い季節ですので、裏地のついた着物を着ていきましょう。

夏は涼し気な着物で

暑い夏には茶会の機会が減りますが、着物を着る際には納涼感のある着物を選びましょう。

涼し気に見える色を選ぶ事も大切ですが、絽(ろ)や紗(しゃ)などの薄物の着物を着ていきましょう。

生地が薄く透けてしまわないように夏用の長襦袢を中に着ておきましょう。
また、長襦袢を着ておくことで汗を吸ってくれるので、着物の汚れを軽減する事ができます。

まとめ

今回はお茶会に招かれた際に着ていく着物について紹介をしていきました。

お茶会の種類や規模などに寄って着ることができる着物が変わってきますので、参加するお茶がどのような会なのか理解して着物を選びましょう。

お茶に着ていく着物としておすすめなのが、一つ紋の色無地です。
色無地であれば様々なお茶会で着ていく事ができるので、これからお茶会を楽しみたいと言う人は最初の1着として用意しておくと良いでしょう。

また、着物は合わせる帯によっても格が変わりますので、着物選びだけでなく帯選びも気を使いましょう。
色無地に合わせるのであれば袋帯がおすすめです。

-着物の基礎知識

Copyright© 着物買取比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.