着物の女性

着物の買取相場

付下げの買取相場はいくらぐらい?どこに売れば良いか

着物をたくさん持っている人の中には、付下げの着物を持っている人も居るでしょう。
振袖や訪問着などは知っている人も多いと思いますが、付下げについてはあまり馴染みがないという人も居るでしょう。

付下げの着物は訪問着に比べると柄が控えめで、比較的フォーマルな場所に着ていく事ができる着物です。

そこで、今回は「付下げとはどのような着物なのか」「着なくなった時は売ることができるのか」「どこで売ることができるのか」といった事を中心に調べましたので参考にしてください。

付下げ(つけさげ)とはどんな着物?

頭を押さえる女性

付下げは訪問着に次ぐ格の着物です。

訪問着は未婚・既婚問わず着ることができる準礼装ですが、付け下げは一つ紋を入れる事で準礼装として着る事ができます。
また、組み合わせる帯によっても格が変わり、フォーマルにもカジュアルにも着こなす事ができます。

もともとは第二次世界大戦時に派手な訪問着の着用が禁止された事で、その代用品として誕生しました。

付下げを着るシーン

付下げを来ていくシーンとしては、訪問着で行くには「堅苦しい」と感じられる集まり・場所などに来ていくと良いでしょう。

例えば、親しい人が集まるお茶会やパーティー、七五三やお宮参りなどが該当するでしょう。フォーマルな場所に来ていく着物というよりも、セミフォーマルな場所に来ていく着物と言えるでしょう。

付下げと訪問着の違い

付下げと訪問着の大きな違いとして、柄の違いが上げられるでしょう。

訪問着には豪華な絵羽模様が描かれているのが特徴です。それに対して付下げはシンプルな模様が描かれているのが付下げです。

付下げは反物のまま染めていきますが、訪問着では白生地から絵柄を入れて縫い付けていきますので手間がかかります。
その分、訪問着では着物全体を一つの柄としてデザインする事ができ、大胆で豪華な作品に仕上げる事ができます。

一方、下付けでは全体のまとまりに欠け、シンプルなデザインなってしまいますが、手間がかかっていない分、値段が抑えられるというメリットもあります。

付下げの買取相場

着物の査定

ここまで付下げの着物について説明をしていきました。
それでは、続いて付下げの着物の買取相場について紹介をしていきます。

付下げの買取価格はそれほど高くない

付下げの着物の買取相場はそれほど高くありません。
訪問着に比べるとシンプルなデザインである事、もともとの販売価格が比較的リーズナブルである事から高値での買取は難しいでしょう。

着物 買取価格
付下げ 数千円〜1万円程度

有名作家の作った着物であれば1万円以上で買取してもらえる可能性もあります。
手元にある付下げが有名作家の作品であるかどうか確認してみましょう。

状態が悪いと買取価格が下る

付下げに限った話ではありませんが、着物はシミや汚れが付いていたり、保存状態が悪いと買取価格が大幅に下がってしまいます。

シミや汚れなどがある場合は紹介している価格よりもずっと安値での買取になってしまう可能性があることに注意しましょう。

付下げを買取できるお店

それでは、付下げはどのようなお店で売る事ができるのでしょうか。
着物は「リサイクルショップ、質屋、買取専門店」などで売ることができます。

それぞれの特徴について紹介をしていきますので参考にしてください。

リサイクルショップ

まずはリサイクルショップで付下げを売る場合です。
リサイクルでは古着を買取しているお店もありますので、着物も買取してもらう事も可能です。
リサイクルショップには鑑定士などが在籍している場合が少なく、作家物の着物や有名産地の着物でも一律で買取されてしまう事が多いです。
安くても良いからとにかく着物を買取してもらいたい場合などに利用すると良いでしょう。

質屋

続いて質屋での買取です。
質屋には着物専門では無いものの鑑定士が在籍している為、有名な着物や高価な着物であればそれなりの金額で買取してもらえるでしょう。

最近では着物の買取には対応していない所も多いため、事前に確認しておきましょう。
有名な着物以外の買取価格はあまり期待しないほうが良いかも知れません。

着物買い取り専門店

最後に着物買取専門店です。
着物買取専門店は、その名の通り着物の買取を専門にしているお店です。
呉服屋で着物を買取している場合もありますので、そのパターンもここに含みます。

着物の買取を専門にしているだけあって、知識も豊富で安心して着物を売ることができます。
着物を専門に買取しているお店はあまり多くありませんが、もし近所に見つける事ができれば、そちらに持っていくと良いでしょう。

まとめ

今回は付下げについての説明と、買取相場について紹介をしていきました。

付下げは訪問着の代用品として生まれた着物で、豪華な訪問着に対して、シンプルなデザインが特徴です。
その分、付下げの販売価格はリーズナブルになっており、お求めやすくなっています。

着物を買取してもらう際には販売価格も重要で、もともとの販売価格が安い付下げは買取価格も安くなってしまいがちです。

有名作家や有名産地の付下げであれば高額買取をしてもらえるかも知れませんので、着物の価値を理解できる業者に買取してもらいましょう。

-着物の買取相場

Copyright© 着物買取比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.