ウールの着物

着物買取について

ウールの着物は買取できる?査定相場はどれくらい?

着物は絹や木綿、麻などの素材で作られた衣類ですが、中にはウールなどの素材で作られた着物もあります。

着物は日本古来の衣類ですから、絹や木綿などの天然素材が基本となっており、これらの素材で作られた着物は価値があります。

一方で、ウールやポリエステルの着物は価値が低くなっており、買取が難しい場合もあります。
そこで、今回はウールの着物の買取について説明をしていきますので参考にしてください。

ウールの着物の特徴

ウールの着物

一口にウールと行っても「サマーウール、西陣ウール、シルクウール、モスリン」など様々な種類があります。
それぞれに特徴があるのですが、今回は主なウールの特徴について紹介をしていきます。

それではウールの着物にはどのような特徴があるのでしょうか?一つずつ確認していきましょう。

3シーズン着る事ができる

ウールの着物は夏以外の3シーズン(春・秋・冬)着ることができます。
羊毛ですので夏に着るとなると暑く感じる為、あまりおすすめはしません。
サマーウールの夏用着物もありますが、それでも真夏に着るには暑い為、少し涼しくなってから着るのが良いでしょう。

ウールの着物は10月、11月、12月の冬の寒い時期にぴったりですので、季節によって着物の素材選びをしましょう。

シワになりにくく気軽に着れる

ウールの着物は、木綿の着物よりもシワになりにくく暖かい素材です。

値段も比較的低価格であり、気軽に着る事ができるのが大きなメリットの一つです。
普段から着物をよく着る人や安価な着物がほしい人などにおすすめです。

一方で、ウールは虫食いの被害に合いやすい素材ですので、保管の際には防虫剤を利用するなどして、しっかりと対策をしておく必要があります。

水や汚れに強く自宅で洗うことができる

ウールの着物は水や汚れに強く、裏地をつけない単衣仕立てなので自宅で洗うことができます。
着物をたたみ洗濯ネットに入れて、弱い水流にする事で洗濯機で洗う事も可能です。
また自宅で洗う際には、洗濯表示を確認し最適な方法で洗うようにしましょう。

自宅での洗濯が不安な人は、ドライクリーニングがおすすめです。

ウールの着物の買取相場

電卓とお金

それでは、ウールの着物の買取価格を確認していきましょう。

結論から言うとウールの着物の買取相場は「低い」です。
値段がつかない事も多く、仮に付いたとしても1着数百円程度と言うのがほとんどでしょう。

種類 買取価格
ウールの着物 数百円〜数千円

今回、ウールの着物の買取相場を紹介しましたが、そもそも買取していない業者も多い為、ウールの着物を売りたいと考えているのであれば、電話などをして事前に確認しておくと良いでしょう。

ウールの着物は低価格で買えて、気軽に着ていく事ができるというメリットもありますが、売る際には買取価格が安いというデメリットもあります。

買取価格にはあまり期待をせず、次に着てくれる人に着物を「託す」という目的で売りに出してみましょう。

ウールの着物を売るなら買取専門店が良い

ウールの着物は買取できない業者が多く、値段がつかない事もあります。

リサイクルショップや質屋などでも着物を買取していますが、価格が安かったりしますので、少しでも高く売るなら買取専門店がおすすめです。

着物買取専門店の中には状態の悪い着物やウール、ポリエステルなどの着物でも買取している業者があります。

売るならそういったお店に売ると良いでしょう。

ウールの着物を買取してもらうポイント

訪問着を売る時のポイント

ここまで、ウールの着物の買取相場について紹介をしていきました。
最後に買取してもらう際のポイントについて紹介をしていきますので参考にしてください。

保存状態が良いことが前提

ウールはデリケートで綺麗に保管して置くのが難しい素材です。
特に虫食いは天敵で保管方法を間違えるとすぐに傷んでしまいます。

着物はシミや汚れ、虫食いなどによって大きく価値を損ねてしまいますので、ウールの着物を売りたいのであれば保存状態が良いことが前提と言えるでしょう。

もし、保存状態が悪いのであれば、買取を諦め「知人に譲渡する」「リメイクして活用する」など別の方法も検討してみましょう。

サイズが大きいと買取してもらいやすい

着物はサイズが大きいほど買取してもらいやすくなります。
逆にサイズが小さいと「買取価格が低くなる」「買取を断られる」事が多くなりますので注意が必要です。

サイズが多い場合は仕立て直しをする事ができますが、小さいと仕立て直しが難しく着られる人が限られてしまいます。

着物の買取価格は需要によって異なってきますので、着られる人が限られる小さなサイズの着物だと買取価格が下がってしまうのです。

まとめ

ウールの着物は低価格で、シワになりずらくカジュアルに着ていく事ができる着物です。
反面、虫に食われやすい素材ですので、保管の際には防虫剤などを使い対策をしておきましょう。

不要になったウールの着物は業者によっては買取してもらう事が可能です。

買取価格は高くありませんが、捨ててしまうのは勿体ないと考えているのであれば一度査定に出してみてはどうでしょうか?

着物買取比較ナビではおすすめの着物買取業者も紹介していますので参考にして頂けましたら幸いです。

おすすめの着物買取11社を比較!ランキングをご紹介

-着物買取について

Copyright© 着物買取比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.